ボトックス注射の魅力

医者

顔を小さくすることも可能

ボトックス注射は小顔効果の高いプチ整形として人気ですが、効果に優れているという以外にもメリットや魅力があります。ボトックス注射での小顔治療のメリットと言えば、やはり施術の際にはメスを使わず注射器のみという手軽さが、第一に挙げられるでしょう。顔にメスを入れる美容整形の場合は小顔効果も高いですが、施術後に強い腫れや痛み、内出血といった症状が現れます。施術後すぐに日常生活に戻るということは難しく、施術法によって変わるものの1週間から2週間は安静にしなくてはいけません。一方、ボトックス注射はというと施術後にこのような症状が現れるケースはほとんどなく、すぐ日常生活に戻れる点が魅力です。仕事をしている女性でも休日を利用してボトックス注射を受ければ、すぐに仕事復帰することもできるでしょう。さらに傷跡が残るというリスクが無いという点も、ボトックス注射で小顔を作るメリットの1つと言われています。治療に使用する薬剤は一般的な注射器ですので、顔に施術を行ったとしても施術後に傷跡が残るというケースはほとんどありません。エラ部分にある「咬筋」という筋肉が過剰に発達していることが要因となり、顔が大きく見えるという場合には「ボトックス注射」で小顔を作ることが可能です。咬筋が発達し過ぎてしまうとエラが張ってしまうため、本来の顔のサイズよりも大きく見えてしまうと言われています。脂肪ではなく筋肉によって顔が大きく見えているため、食事制限や運動といったダイエットでは、この悩みを解消することはできません。ボトックス注射はボツリヌス菌という菌から作られた薬剤を、注射器を使い筋肉部分に注入する施術を行う、いわゆるプチ整形です。薬剤は筋肉の動きを弛緩させるという作用があり、筋肉を動かしにくくすることによって咬筋を小さくして、エラ張りを解消します。奥歯を強く噛むクセがあるなど、咬筋を使うことが多い人の場合は筋肉の発達によってエラが張り、顔も大きく見えてしまいがちです。このようなケースではボトックス注射による施術が非常に有効で、施術を行ってから約1ヶ月程度経つと小顔効果を実感できるようになるでしょう。

Copyright© 2018 小顔になって自信をつけよう【骨自体を小さくする美容整形】 All Rights Reserved.