顔のサイズは変えられる|小顔になって自信をつけよう【骨自体を小さくする美容整形】

顔のサイズは変えられる

顔に触れる女性

自分に合った施術を探す

美容外科クリニックで小顔整形を受けたいという場合は、自分に合った施術かどうかを判断する必要があります。例えばプチ整形で小顔になれると人気のボトックス注射ですが、この施術ではエラ部分にある筋肉「咬筋」が発達していつ人のみが対象です。ボツリヌス製剤を咬筋部分に注入して筋肉を細くすることによって、顔を小さくするボトックス注射は脂肪や骨が原因で顔が大きく見えるケースでは小さくする事ができません。もし、脂肪が顔に多くついていて大きく見えるという場合には、脂肪溶解注射や脂肪吸引の方が向いています。エラ部分の骨が大きくて大顔となっているケースだと、エラを削り取るエラ削りが最も効果的な施術法と言えるでしょう。また、フェイスラインの皮膚がたるんでしまい顔が大きく見えるケースは、たるみを解消する美容整形を受ける事で、スッキリとした小顔に変わります。このように顔が大きく見える原因は、筋肉や骨、脂肪など様々ですので原因に合わせて適切な施術法をチョイスする事が、満足の行く仕上がりを得るために必要です。身体はさほど太っていないのに顔にだけ脂肪がついていてパンパンだ・・という悩みを持っている人は、脂肪吸引で小顔になってみてはいかがでしょう。脂肪吸引は文字通り、脂肪を吸引して施術部分を細くする美容整形で、身体だけでなく顔にも施術可能となっています。頬骨の上や頬、フェイスラインについている脂肪を吸引して減らすことによって、まるで別人と言えるくらいに小顔になれるのです。脂肪吸引の場合は脂肪細胞自体を減らすことができるため、施術後にリバウンドしにくくなるという効果も発揮します。少し食べ過ぎると顔にだけ脂肪がついてパンパンになってしまうという人に、脂肪吸引での小顔整形はとてもおすすめです。脂肪を取り除く量が顔の場合はとても少ないということもあり、入院をしなくても施術を受けられるのも魅力です。施術前には局所麻酔を行うので痛みを感じることはありませんし、施術後も痛み止めを服用すれば問題ない程度の痛みしかありません。顔の脂肪は食事制限や運動といったダイエットでは、なかなか落ち難いので脂肪吸引で取り除くのが1番効率的な方法と言えます。

Copyright© 2018 小顔になって自信をつけよう【骨自体を小さくする美容整形】 All Rights Reserved.