あなたの悩みはどこから

ボディ

バランスの問題かも

小顔矯正の美容整形に、ヒアルロン酸注入という方法があります。ヒアルロン酸はよく美容食品などにも名を連ねる成分で安心感も大きい物質ですが、スキンケアのイメージで小顔矯正のイメージを持てない人も多いのではないでしょうか。ヒアルロン酸注入による小顔矯正は、厳密にいえば小顔に見せるためにフェイスラインを整えるような仕組みです。全体的に丸顔の人にはあごへ注入することでシャープなフェイスラインを作る、といった具合です。小顔になりたいと美容整形外科を訪れる人のうち、本当に顔が大きくて悩んでいる人よりも、肉付きのバランスのせいで大きく見えてしまっている人のほうが意外にも多いのです。顔のサイズが人より大きめの人はむくみ・脂肪によるものか骨格の問題であることが多く、その時はメスを入れたり脂肪吸引したりするなどの外科的手術になりますが、ヒアルロン酸注入でしたら注射だけで済むので傷も残りません。ヒアルロン酸ももともと人体にそなわっている物質なので副作用やアレルギーのおそれもほぼありません。矯正したいけれど手術は抵抗がある、という人にはぴったりの方法です。小顔整形の方法には種類があり、悩みの原因によって用いる治療方法が変わってきます。例えば顔の肉の付き方で大きく見えているだけの場合は、ヒアルロン酸注射やマッサージなどでバランスを整えるだけで小顔になったように見えます。頬に脂肪があり、あごが小さいという人は、頬から少し脂肪を吸引してあごへ注入することでシャープなフェイスラインにする、などの方法もあります。また、エラが発達しているのが原因の人には、ボトックス注射という方法もあります。ボトックス注射は筋肉を弛緩させて縮小させる方法で、エラを縮めるのに効果があります。ほかにも顔のゆがみを矯正する方法や、リンパの滞りを改善して余分な老廃物を排出する方法などもあります。小顔になりたい、と感じている場合、何が原因で悩んでいるのかをはっきりさせてからでないと間違った施術をしてしまう可能性があります。美容整形外科では小顔整形治療を行なう前にカウンセリングがあります。そこで医師によって原因を特定されたのち、一番適していると考えられる整形方法を選ぶ流れになります。

Copyright© 2018 小顔になって自信をつけよう【骨自体を小さくする美容整形】 All Rights Reserved.